自立立体駐車場とは何か

自立立体駐車場とは何か

img1-1

自立立体駐車場とは自走式とも呼ばれる形式の立体駐車場であり、機械を使わずに車を走らせて利用します。


複雑な操作が必要ないので補助を行う監視員を用意しなくても誰でも簡単に使え、入出庫もあまり待たされずにスムーズに行えることが特徴です。

自立立体駐車場はとにかくお勧めです。

使いやすい反面、通路が必要なので機械式と比べると収容台数は少なくなります。
自立立体駐車場には大きく分けると3つのタイプがあり、最も頻繁に見かけるものがフラット式です。

構造は非常に単純なもので、平面駐車場に勾配の付いたスロープを取り付けて階層を移動できるようになっています。
専用の大型駐車場だけでなく、商業施設の屋上などでも使われることの多い一般的な立体駐車場です。

フラット式は勾配を緩やかにするための距離が必要になるという制約があるので設置できないケースがあります。


この距離を短くできるようにした自立立体駐車場がスキップ式です。



特徴としては半階層ずつ組み合わせた駐車場になっているため、1回に移動する高さが半分になるのでスロープの距離が短くても勾配を緩やかにできます。



使い勝手はフラット式とほぼ同じです。収容台数を重視した形式が連続傾床式であり、螺旋状のスロープに接した形で駐車スペースが用意されているので専用のスロープが必要なくなって駐車効率が高くなります。


ただし、傾斜が付いているので見通しが悪く、駐車しにくくなるので使い勝手はフラット式やスキップ式に比べて劣るのがデメリットです。


駐車場の納得の情報

img2-1

自立立体駐車場はスペースを有効に活用して収容台数を増加させられるメリットがあります。利用者の多い商業施設で駐車場を設置する際に通常の平面駐車場にすると台数が収容台数が少なくなったり、広い土地が必要で奥になると建物から離れすぎて使いにくくなるので適していません。...

more

駐車場の耳より情報

img3-1

自立立体駐車場とは運転が必要となる立体駐車場であり、機械を使わないのでメンテナンス費用を抑えられ、耐用年数も長いので長期的に使用できます。基本的には利用システムによって有料にする場合は出入口に清算装置とバーを取り付ける程度で管理者を常駐させなくても良いので手間がかかりません。...

more

駐車場の話

img4-1

土地の費用が安い地域であれば広い平面駐車場にして駐車台数を増やせますが、利便性の良い地域では土地が高くなり、空きスペースの確保も難しいです。この場合には自立立体駐車場を導入すれば立体的に土地を利用できるので、同じ面積でも多くの車を駐車できます。...

more

駐車場の知っておきたい常識

img5-1

自立立体駐車場は小さなスペースに多くの車を駐車させることができるため、土地活用の中では非常に利益性が高いものである反面、収容するためのスペースを確保するのに様々な建造物を建築しなければならないと言うデメリットもあります。そのためできるだけ建築費用を削減し初期投資を抑えることが重要ですが、自動車を収容するために必要最小限の安全性を確保することが必要になります。...

more
top