自立立体駐車場の特徴には何があるか

subpage-img

自立立体駐車場とは運転が必要となる立体駐車場であり、機械を使わないのでメンテナンス費用を抑えられ、耐用年数も長いので長期的に使用できます。

基本的には利用システムによって有料にする場合は出入口に清算装置とバーを取り付ける程度で管理者を常駐させなくても良いので手間がかかりません。

建設費と土地を売却する場合は解体費がかかるので短期間しか使わないのであれば平面駐車場の方が便利ですが、長期使用であれば自立立体駐車場の方が多くの車を収容できるので便利です。
機械式駐車場とは異なり位置によっては建物から離れてしまうことがありますが、自立立体駐車場の構造によっては必ずしもデメリットではありません。
建物に隣接する形で駐車場を作り、各階層で連結させていれば5階に用事がある人は5階に駐車してそのまま目的のフロアに入れるのでスムーズに移動できます。

自立立体駐車場情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

階層を移動するためのスロープの勾配を考慮しなければならないため狭い土地では幅が不十分になりますが、1階ずつ移動させる必要はありません。フラット式が基本となる構造で1階ずつ移動するものですが、半階ずつ移動させるスキップ式では幅が狭くても設置しやすくなるので採用している商業施設も多いです。



利用者の運転ミスで接触事故が起きることがあるので配慮しましょう。



通路や駐車スペースにゆとりを持たせ、スロープの合流部にはミラーを付けたり上りと下りを別のスロープにすれば事故の危険性を減らせます。

top