自立立体駐車場のメリット - 自立立体駐車場とは何か

自立立体駐車場のメリット

subpage-img

自立立体駐車場はスペースを有効に活用して収容台数を増加させられるメリットがあります。

自立立体駐車場情報があります。

利用者の多い商業施設で駐車場を設置する際に通常の平面駐車場にすると台数が収容台数が少なくなったり、広い土地が必要で奥になると建物から離れすぎて使いにくくなるので適していません。自立立体駐車場であれば同じ土地面積で多くの台数を収容できるので利便性が高くなり、集客力の向上を見込めます。
立体駐車場には機械式もあり、収容台数の面ではこちらの方が優れていますが操作の待ち時間は発生するので車が頻繁に出入りする施設では不便です。



土地スペースの都合で設置が不可能な場合を除けば自立立体駐車場の方が良いでしょう。

自立立体駐車場は階層を走らせて移動するためのスロープが必要なので、この分の距離を確保できないと設置できないのが欠点です。



ただし、距離さえ確保できれば専用の建造物を作らずに施設の地下や上層も利用できるので効率良く土地を活用できます。

自立立体駐車場にはいくつかのタイプがありますが、通常はフラット式か、土地が狭いなら半階層の組み合わせになるスキップ式が便利です。
どちらも床が平面になっているタイプなので見通しが良く、使いやすい特徴があります。全体が傾斜の付いたスロープで螺旋状の構造になっているタイプは床が平面ではないので使いにくくなりますが、スロープを単独で用意しなくて良いので収容台数に優れているため、用途で選ぶと良いでしょう。

top