自立立体駐車場を効率的に運営する秘訣

subpage-img

自立立体駐車場は小さなスペースに多くの車を駐車させることができるため、土地活用の中では非常に利益性が高いものである反面、収容するためのスペースを確保するのに様々な建造物を建築しなければならないと言うデメリットもあります。

そのためできるだけ建築費用を削減し初期投資を抑えることが重要ですが、自動車を収容するために必要最小限の安全性を確保することが必要になります。
しかしその判断を適切に行わないと過剰な投資になってしまったり、投資を抑えるために安全性に問題のあるものとなってしまう危険があるので注意が必要です。


自立立体駐車場を運営する上で必ず押さえておかなければいけないポイントは、安全性です。

自立立体駐車場関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

どんなに収容台数が多く駐車料金を安く設定したとしても安全性に問題があるようでは利用者は増える事はありません。
しかし安全性に配慮するとそれだけ費用がかかると思っている人が多く、そのお金を削減するために危険な駐車場となってしまっていることも多いのです。


安全性の高い自立立体駐車場のポイントは場内が見やすく運転しやすいことです。



できるだけ死角をなくしスムーズに場内を走行できる事はもとより、場内の一方通行を徹底するなど様々な配慮次第で安全性は高まるものです。



さらに駐車スペースの位置や角度についてもちょっとした配慮で安全性を高めることができます。しかしこのような方法はなかなか一般の傾斜では学ぶことができないのが実態です。最近では人間工学に基づいた安全な自立立体駐車場に関し様々な提言がなされています。
また駐車場の認定制度においてその安全性を書く人する方法もあり、これらを積極的に利用することが効率的な自立立体駐車場の経営につながります。

top